外国産クワガタムシ

2012年11月28日 (水)

タランドゥス幼虫のカワラタケ菌糸瓶投入作業

 11月25日(日)、久しぶりに穏やかな陽気のこの日は次女の8歳の誕生日でしたので

自宅の庭でBBQをしながらお祝い会を開きました。そして、お祝い会が終わった夜に

プレスマシンType2(ashtakaさん製)で初詰めしたカワラタケ菌糸瓶にタランドゥス幼虫

の投入作業をしました。

1400㏄カワラタケ菌糸ボトル(KBファームさん)で産卵させて1回で6頭の幼虫が

採れていました。初めてにしては上出来だったと思っています。

♀は♂と再度ペアリングして2回目の産卵セットに投入中です。2回目はカワラ産卵木

(KBファームさん)で試しているところで、すでに穿孔状態です。

♀がなかなか産卵モードに入らなくて四苦八苦しましたが。。。

幼虫投入にあたり、3500㏄カワラタケ菌糸:ナチュラカワラブロック(月夜野きのこ園さん)

を2個分、950㏄瓶にして7個を事前に作っておきました。

菌糸はガッチガチの堅詰めにはなっていませんがユルユルでもない状態に仕上がって

いました。詰め具合はあくまでも感覚で調整しています。培養温度は22℃~23℃で、

下の写真は11月10日に詰めてから2週間程経過した菌糸の状態です。

Photo


菌糸瓶の上部は分厚くカワラタケ菌糸の被膜で覆われています。

Photo_2


幼虫ですが、初2令だと思いますがオオクワより太い感じます。しかも何か短い。

Photo_3


幼虫を投入したら、アンテなどで暴れ防止などの為に入れていたのと同じように、

今までのオガ屑(幼虫のフン?)を多めに入れてあげました。

Photo_5


計6頭の幼虫。カワラタケ菌糸は劣化が早い感じがするので幼虫が馴染んだら

18℃前後の温度で飼育しようと考えています。

昨年は2令幼虫から飼育しましたが、床下収納庫で15℃前後の低温度でも

74ミリサイズの♂が羽化してきました。

昨年より少し温度を上げて18℃前後の温度で菌糸の劣化を引き延ばしながら

飼育管理し、昨年のサイズを超える70ミリ台後半を出せればと思っています。

Photo_6

2012年11月22日 (木)

ババオウゴンオニクワガタ

ババオウゴンオニクワガタ(ミャンマー・テナセリウム産)CBの産卵報告です。

♂63ミリ×♀41ミリのペアになります。

♀は2012.6月羽化個体で10月10日から13日まで同居ペアリングして10月15日から

産卵セットに投入しました。割出しは約1カ月後の11月17日で同日に2回目の産卵セット

へ♀を再投入しました。

Photo_10

Photo_12

ペアリング状況。ちゃんと交尾をしているか何度か確認しながら同居させます。

Photo_13

産卵セットを組みます。。今回はKBファームさんのカワラタケ産卵木を使用します。

購入してから3カ月経過しているので材に菌がまわり堅過ぎない状態になっていました。

加水せずにカワラ皮膜と樹皮を剥き、♀が潜行しやすいようにあらかじめドリルで穿孔します。

Photo_7

中飼育ケースに少し加水したマットを3㎝ほど敷き、その上に産卵木を置いて周りに転倒防止用の

樹皮を入れるだけの簡単セットです。ケース内の蒸れ過ぎには注意します。温度は23℃~25℃。

Photo_8

一か月経ってから割出しをしてみます。♀が材に穿孔した跡が見えます。

♀が穿孔したのは産卵セットに投入してから3日後くらいでした。

Photo_9

産卵床のまわりを少し削ったら、見えました。初齢幼虫です。

Photo_14(フラッシュで見えずらいですが中央の少し左にいます)

ババオウゴンオニの初齢幼虫

Photo_16Photo_19

ババオウゴンオニの幼虫はカワラタケ菌糸ビンで飼育します。

月夜野きのこ園さんのナチュラカワラブロックを950cc瓶に

プレスマシンType2を使って詰めるので菌糸が回ったら投入します。

2012年10月12日 (金)

タランドゥスのペアリング・産卵セット

タランドゥスオオツヤクワガタ(アフリカ・コンゴ共和国)のペアリング。

♂67mm×♀45mm。♂累代・羽化日不明と♀CBF2・5月下旬羽化のペアです。

♂は成熟していますが、♀は羽化してから3カ月、未成熟の可能性もありますが

頭を上下に動かしたり、餌ゼリーもしっかり捕食しているのでペアリングセットしました。

Photo

ハンドペアリングを1回して同居を1日、♂♀を隔離して休息1日を数回繰り返しました。

8月30日から数回ペアリングしたのでもう十分と考え、♀に単独で十分ゼリーを与えて

から9月10日に産卵セットを組み♀を投入してみました。

今回は菌床産卵のため菌の活性しているカワラタケ菌糸瓶の産卵セットを組みます。

カワラタケ菌糸瓶1400㏄に♀が潜行し易い様あらかじめ穿孔しておきます。

Photo_16

中型プラ容器に薄くマットを加水しないで敷き、カワラタケ菌糸瓶を置きます。

ケースと菌床の隙間に餌ゼリーを差し込み産卵セット完成です。

Photo

早速♀を投入しましたが。。。ダメです。菌糸瓶に潜行しません。

ケース内をウロウロしているだけで潜る気配すら無いです。

直に潜る場合と数週間かかる場合があると聞きましたが。。

一時中止して2日間の再休養を摂らせました。休養2日目の♀の様子が

餌ゼリーを直にカラカラに食べ散らかして落ち着かない感じで、相変わらず

頭も上下に振っています。タランドゥスはブーンブーンとバイブレーションを

します。成熟した♂は音や振動がしっかり聞こえますが成熟した♀も小さく同じ

行動をするそうです。

頭を上下に振っているのがバイブレーション行動なのか分かりませんが。

そして、9月12日に再度産卵セットへ投入しました。

すると、直に潜行し始めました^^。。ペアリング開始からちょうど14日目です。

(温度26℃エアコン設定)

Photo

♀は産卵床を作って産卵します。2週間ほど経過してから菌糸瓶を見たら

緑色をした卵が確認できました。とりあえず産卵は成功です。

餌ゼリーを食べに来てはまた菌糸瓶に潜行する行動を3~4回繰り返しました。

10月12日、セット投入してから1カ月。♀がケース内のマット下で休んでいます。

菌糸瓶から見える卵が3個。しかも幼虫が1頭もぞもぞ動いています。孵化も成功しました。

カワラタケ菌糸瓶がそのまま幼虫の餌になるので直に採り出さないで、卵が全て孵化して

2週間ほど経ってから新しい菌糸瓶に投入します。

(温度22℃~25℃常温)

Photo

2012年9月 5日 (水)

ニジイロクワガタのペアリング

ニジイロクワガタ(オーストラリア・クィーンズランド産)のペアリングです。

♂59㍉×♀35㍉CBF1。共に今年5月上旬羽化個体ペア。

ニジイロは寿命の長いクワガタなので十分成熟してからの方が

確実との事ですが、餌ゼリーもバクバク食べていたのでペアリング強行^^

一緒にしたらすぐに仲良くペアリングを開始。1日ほど同居して貰いました。

二次発酵中の微粒子マットもイイ感じの臭いになってきたので

このマットを使って産卵セットを組みます。

Photo_13 

Photo_15

追記です^^

9月8日(土)に♀を産卵セットへ投入しました。

内容は二次発酵させた微粒子発酵マットにカワラ産卵木のセットです。

産卵木に穿孔して産卵しませんが、きっかけ程度になればと一応入れ込みました^^

また、転倒防止材としてオオクワ産卵木の割カス材をバラバラと敷きました。

35 【ニジイロ♀産卵セット投入】


2012年7月21日 (土)

タランドゥスオオツヤクワガタの羽化

7月19日、タランドゥスオオツヤクワガタ(アフリカコンゴ産F3)

の幼虫3頭のうち1頭が成虫へと無事に羽化しました。

飼育場所は床下収納庫で冬は15℃位、最近は25℃前後の

温度で飼育していました。10月中旬にカワラRG800(フジコン製)

へ2令後期で投入し、11月後半にカワラRG1400へ3令で投入。

1月後半にカワラブロック3000を崩さずそのまま飼育容器に入れて

そこへ幼虫を投入しました。投入時の体重は20㌘でした。

羽化したばかりでまだ赤味をおびていますが不全も無く

綺麗な♂でした。サイズは固まっても75㍉にはなりそうです。

幼虫1頭は蛹になる前に死亡。あとの1頭は蛹化しようとしています。

おそらく頭幅から♀だと思いますがはっきり分かりません・・・・。

幼虫の皮が厚くて卵巣がよく見えませんでした。

タランドゥスはエナメル質が特徴の一つで黒くピカピカしています。

最大で90㍉を超える大型のクワガタです。しかもとても綺麗なクワガタ

なので少しずつブリードしたいと思っています。

Photo(タランドゥスオオツヤクワガタ・アフリカコンゴ産)

2012年5月12日 (土)

ブータンアンテの幼虫

ブータンアンテの幼虫
ブータンアンテの幼虫
ブータンアンテの幼虫
ブータンアンテの幼虫
昨年末からセットしていた(ヒマラヤ系)ブータンアンタエウスオオクワガタ(シッキム産)CBの幼虫が17頭採れました。セットしてから長かったなぁ~。。超爆産すると40頭ほど採れるらしいのですが。あまり多くても管理が出来ないので丁度いい頭数かな。。メスは何となくまだ産卵したそうな感じですが??。。今は先日落札したワインクーラーの中を20.5℃に設定してオオヒラタケ菌糸瓶に投入し飼育管理しています。また、ブータンアンテの産卵セットで使用した微粒子マットを再利用して、インドアンテ(タイガーヒル産)CBの産卵セットを組んでみました。産卵木として一応、砂埋レイシ材(ハーフ)を入れています。とりあえず15頭前後採れればいいかなぁ。。

2012年1月29日 (日)

インドアンタエウス菌糸交換

インドアンタエウス菌糸交換
インドアンタエウス菌糸交換
インドアンタエウス菌糸交換
ヒマラヤ系インドアンタエウスオオクワガタ(シッキム州産)CBの幼虫のエサ交換をしました。800ccの菌糸ボトルでひっぱりました4ヶ月です。温度設定は15度±2度くらいで低めにしています。ゆっくりと居食いしてました。体重は最大25グラムと伸びていない感じでしたが次は1400ccボトルに投入。暴れ防止の為に大量のフンも一緒に入れてやります。もう少し伸びるのを期待してます。

2011年12月28日 (水)

ブータンアンタエウス産卵セット投入

ブータンアンタエウス産卵セット投入
ブータンアンタエウス産卵セット投入
12月27日:ブータンアンタエウスを産卵セットに投入しました。羽化してから約7か月なので産卵してくれるかどうか。

2011年12月22日 (木)

ブータンアンテセット

ブータンアンテセット
12月18日からブータンアンタエウスをセットしています。早速仲良く交尾してくれました。様子を見ながら1週間くらい同居させます。温度は22℃〜25℃で管理してます。

2011年12月 3日 (土)

インドアンタエウスオオクワガタ

インドアンタエウスオオクワガタ
インドアンタエウスオオクワガタ
インドアンタエウスオオクワガタ
ヒラヤマ系インドアンタエウスオオクワガタ
ウエストベンガル州タイガーヒル産CB
♂83mm・♀49mmです。
夏場の温度管理を真面目に段取りしないといけませんな。ワインクーラーに逆サーモをかまそうと思いますが、容積の大きいワインクーラーを探してます。

より以前の記事一覧

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム