2014ブリード

2014年10月23日 (木)

2本目へ交換

お久しぶりです。

ブログ更新が長いこと滞っていますが、クワ活はしていますよ(汗)

ざっくりと2本目交換時のご報告をさせて頂きます。

9月末から2本目への交換を♂と思われるボトルをメインに行い、とくだんに驚く程の幼虫が出ず淡々・粛々という作業となりました(笑)

交換サイクルは80日や90日、100日経過などを合わせて交換しました。

♀交換はまだ大分残っていますが、ボトル洗浄とボトルの片付けはすぐにやっているので全く溜まっていませんpaper

各菌糸ごとではS3が26~35g、LVGSPは25~33g、オアシスは24~28gというのが大まかな所だったでしょうか。。。中には20g台前半というのも出ました(涙)

様々な要因はありますが、環境面での改善点は幾つか見つけたつもりです。

厳しい中でも面白そうなラインが1つ、管理No.YG1406番Gullさん1202×1304早期なんですけど、最大体重こそ33.4gでしたが30gUPが10本と何とか健闘しています(汗)

里子先のクワ友さんからも良さそうな報告を頂いているので今後が楽しみですね。

写真は唯一1本だけ オっ!? となった幼虫で、管理No.YG1404番Gullさん1225×WKさん12C1です。しかし、このラインの30gUPは4本のみでしたw

Img_4341

ラインにもよりますが、1本目に27~28gからでも最終的には良いサイズが羽化している場合も見られるので、月並みですが2本目からの底上げを期待しつつ、3本目交換時にはもうちょっとテンションが上がるよう丁寧に管理したいと思います。

血的には、このままで終わるはずが無いでしょうし・・・。

それにしても幼虫体重もしかり、♂頭数がかなり少なかった事は痛かったですね(汗)



又、強制早期♀ですが、うちには冷やし虫家が無いので最近全く使っていなかった150Lのワインクーラーで試しています。

とは言ってもワインクーラー自体は箱として使っているだけですけど。

熱源はマルチパネルヒーター32Wで内部温度28度に調整、何頭かはスイッチが入ったので何とかなりそうです。

Img_4528

※ブログ「趣味の世界」のtoplegend44さんと相互リンクしました。

※ブログ「masuko」のmasukoさんと相互リンクしました。

※ブログ「ookuwa brave」のkuwakobitoさんと相互リンクしました。

※ブログ「~我が道~(オオクワガタ)」のまさやんさんと相互リンクしました。

※ブログ「My life with dorcusⅡ」のGullさんと改めて相互リンクしました。

ご報告が遅れましたが、皆さん今後とも宜しくお願い致します。



クワネタではないですが、今月初めに家族と私の母親と一緒にディズニーランド、シーに行ってきました。母親は70歳にして初めてのディズニーで、混雑の中スプラッシュマウンテンやタワーオブテラー、インディージョーンズアドベンチャーなど、よく乗りこなしたもんだなと(汗)

私はタワーオブテラーの直後に頭がズキズキ痛くなり、痛み止めの薬を飲みました(笑)

Img_4428

2014年8月23日 (土)

後食開始と来期の構想

どうでも良い事かも知れませんが? うちの能勢YG875のお食い初めです(笑)

内心、先ずはちゃんとメシを喰えるのか!? 

ここはシンプルに重要だと思っています。

8月19日の夜に覗いたところ餌皿の下から出て来ていたので、これはそろそろかなと思いゼリーを入れたら舐め始めました。

羽化は5月下旬なのでちょうど3ヶ月程です。

852は6月羽化、850は7月羽化なのでもう少し先ですかね。

めでたいので記念写真を(汗) 

やはり心配でしたので、一先ず安心しましたw

後食を始めたらゼリーは常に新鮮な物を与えて、あとは乾燥せず・蒸れずといった事などに気を使って管理しています。

そして、お次は冬眠(休眠)ですね。

Img_3816

Img_3818

来期の構想では能勢YGが875、852、850を主軸に行く予定なので、この種♂3頭には何としても元気な状態でいて欲しいと願っていますが。

そして、お相手となる♀に関しては自前も少しは使いますが、殆どを補強又は早期羽化♀と考えています。

久留米に関しては2番♂840を主軸に♀を補強し、数ライン組めるように準備しています。

久留米ですが先輩ブリーダーさんから今年羽化したド完品86UPを手に取って見させて頂きましたが、あまりの迫力にモチベーションが更に上がりましたw

本当に素晴らしいですね!

又、もう一つ新たに大型産地を来期から始めるので、こちらも非常に楽しみですし、やるからには先ず85UPを目指して行きたいですw

飼育数の上限はこれで面白くなるかなぁ~?と、自分自身で納得出来るかが落としどころでしょうか・・・。

当初は増やさんぞ、と思っていても最終的には増えてますからね(汗)

3産地の補強の方は、お陰様で順調に進んでいるので又随時ご紹介します。


下の写真は2013ブリード久留米♀最大サイズの2番-16♀57.0mmです。

因みに最大値は57.8mmありますが57.0mmで管理しています。

幼虫体重17.1gから羽化しました。

Img_3840

Img_3839

Img_3835

Img_3836

少し翅ズレですがお尻はちゃんと入ってます。

使えるかどうか分かりませんがデカい♀は気になりますねw

 

2014年7月26日 (土)

2014ライン

前回の羽化報告から立て続けですが、一応今期のライン紹介をします。

大型2シーズン目は全27ラインの459頭数でスタートしました。

27ラインのうちコラボは3ライン、幼虫里子が5ラインとなっています。

あまり深く考えずに予定数よりかなりオーバーしましたがw


能勢YG血統

KGコラボⅠ♂840(Gull氏1202)×♀540(Gull氏1226)14頭 ※きくまるさん

KGコラボⅡ♂840(Gull氏1202)×♀530(Gull氏1219)19頭 ※きくまるさん

CGコラボ  ♂845(Gull氏1225)×♀515(camuze氏12年2番)5頭 ※camuzeさん

1401  ♂840(Gull氏1201)×♀518(グリーン13年5番早期)9頭 ※きくまるさん種付

1402  ♂845(Gull氏1225)×♀535(Gull氏1207)23頭

1403  ♂845(Gull氏1225)×♀525(masared氏12年6番)15頭

1404  ♂845(Gull氏1225)×♀514(ワイドカウ氏12年C1)21頭

1405  ♂840(Gull氏1202)×♀540(Gull氏1201)13頭

1406  ♂840(Gull氏1202)×♀510(Gull氏1304早期)48頭

1407  ♂840(Gull氏1202)×♀505(とも氏YG852495早期)41頭

1408  ♂840(エバクワ氏12年14番)×♀525(エバクワ氏12年5番)2頭

1409  ♂840(エバクワ氏12年14番)×♀520(エバクワ氏12年11番)20頭

1410  ♂840(エバクワ氏12年14番)×♀500(エバクワ氏13年9番早期)15頭

1411  ♂840(エバクワ氏12年14番)×♀531(グリーン13年5番早期)4頭

1412  ♂840(FORESTER氏J7‐12A)×516(shima氏H24‐9番)1頭

1413  ♂840(FORESTER氏J7‐12A)×♀505(ワイドカウ氏12年NO2H)40頭

1414  ♂840(FORESTER氏J7‐12A)×515(グリーン13年4番早期)2頭

1415  ♂825(Gull氏1204)×♀525(Gull氏1212)33頭

1416  ♂825(Gull氏1204)×♀520(Gull氏1309早期)27頭

1417  ♂820(Gull氏1212)×♀525(Gull氏1204)44頭

1418  ♂820(Gull氏1212)×♀515(masared氏12年2番)42頭

1419  ♂820(Gull氏1212)×♀500(camuze氏13年1番早期)3頭

1420  ♂874(Gull氏1204)×♀537(ワイドカウ氏12年A4)3頭 ※Gullさん里子

1421  ♂844(ワイドカウ氏12年A4)×♀540(Gull氏1319早期)3頭 ※Gullさん里子

1422  ♂782(yasukong氏1203)×♀482(yasukong氏1203)4頭 ※トシクワさん里子

1423  ♂782(yasukong氏1203)×♀485(yasukong氏1207)4頭 ※トシクワさん里子

1424  ♂802(yasukong氏1201)×♀515(masared氏12年2番)4頭 ※トシクワさん里子


全く産まない♀や採れても1頭、2頭と極端に少ないラインもあり、

久留米に関しては産卵が上手く行きませんでした。

1本目菌糸は神長S3、エクシLVGSP、オアシス、微創研オオヒラ、

そして、きくまるさん菌糸ビン作製プロジェクト菌糸をモニターします。

きくまるさんの菌糸も次に繋がる結果を残したいですねw

又、能勢YGの2ラインから数十頭を今期から大型血統を始める

国産オオクワブリーダーのSHINさんへと託しました。

下の写真は6月21日に自詰めS3へ初令投入した幼虫です。

Img_3658

※YG1417(Gullさん1212♂×1204♀配合ライン)

今年も楽しみなシーズンになりそうですw

2014年6月 1日 (日)

産卵・孵化状況

産卵と孵化の途中経過、以下が5月28~6月14日での確認状況で、

卵は孵化しそうなのだけ記載しています。

・YG1201-10♂84.0(Gullさん)※きくまるさん種付=1♀孵化

・YG1202-2♂84.0(Gullさん)=3♀孵化

・YG1204-29♂82.5(Gullさん)=2♀孵化

・YG1212-8♂82.0(Gullさん)=3♀孵化

・YG1225-2♂84.5(Gullさん)=4♀孵化

・J7-12A24♂84.0(FORESTERさん)=3♀孵化

・12NO-1407♂84.0(エバクワさん)=3♀孵化

・11CYG88H-4-9♂81.0(HSさん)=1♀孵化

空砲や、卵の形・色が怪しいのは一応再ペアリングしていますが、

何頭かの♀からは幼虫が採れなさそうな雰囲気ですね。

でも、何とか8♂の種は採れそうで今年もオオクワ飼育を楽しめます。



そして、菌糸投入は6月中旬~下旬を予定しています。

5月24~26日でS3ブロック30個(800PP約650g114本、800ガラス瓶1本)、

LVGSPブロック4個(800PP約650g15本)を詰めました。

残りのLVGSPブロック6個は忙しい訳では無いのですが、まだ詰めれてません。

又、神長(既製品)S5とオアシスは6月上旬到着予定で再度確認します。

1201013yg5         ↑GullさんYG1201-10♂84.0ライン 5/29確認卵

Img_3129          ↑GullさんYG1201-10♂84.0ライン 6/3確認幼虫

※孵化を6月3日に確認できたので追記しました。また写真の卵とは別の幼虫です。

12021201         ↑GullさんYG1202-2♂84.0ライン 6/1日確認幼虫

122512no633         ↑GullさんYG1225-2♂84.5ライン 6/1日確認幼虫

12no1407013yg5         ↑エバクワさん12NO-1407♂84.0ライン 6/1確認幼虫

1212130101          ↑GullさんYG1212-8♂82.0ライン 6/1確認幼虫

※6月4日、2♀からの孵化を確認できたので追記しました。

※6月5日、1♀からの孵化、1♀からの卵を確認できたので追記しました。

※6月7日、2♀からの孵化を確認できたので追記しました。

※6月9日、1♀からの孵化、1♀からの卵を確認できたので追記しました。

※6月14日、1♀からの孵化を確認できたので追記しました。

 


 

2014年5月19日 (月)

産卵セット

5月11日・12日と18日に産卵セットを組み♀25頭を投入しました。

■DRカワラA2L材セットです↓↓

若干柔らかめのカワラ材で、マットへの加水はしていません。

普通のセット内容です。

Img_2941


■グリードSL産卵ケースです↓↓

グリードSLは2年目の1♀と、右顎麻痺1♀に使用しています。

上部マットには防ダニ消臭マットを加水せずに敷きました。

Img_2944

5月11日・12日に組み上がった産卵セット17組です。

・DRカワラA2L材15本

・グリードSL産卵ケース2個

Img_2990


■DRAL材セットです↓↓

加水は2日間、日陰乾燥は3日間、駒打ち箇所はくり抜いています。

手抜きをして電子レンジでチンはしていません(汗)

こちらもマットへの加水は無しです。

Img_2986

5月18日に組み上がった産卵セット8組です。

ホダ木はコラボ1セットのみ3本置きで、後は2本置きで組みました。

・DRAL材17本

Img_2987

♀の投入期間はカワラ材15セット・ホダ木8セットともに20日間程度とし、

グリードSL2セットは10日間×2個をみてます。




5月18日、1週間程経過したカワラ材15本(5月11日・12日~)の齧り具合です。

・ワイドカウさん 12-NO2H01 50.5ミリ↓

Img_2991

・masaredさん 12-NO207 51.5ミリ↓

Img_2992

・ともさん YG852495早期 50.5ミリ↓

Img_2993

・masaredさん 12-NO633 52.5ミリ↓

Img_2994

・GREEN 013YG5-003早期 53.1ミリ↓

Img_2995

・Gullさん YG1201-25 54.0ミリ↓

Img_2996

・camuzeさん 2013-01-01早期 50.0ミリ↓

Img_2997

・Gullさん YG1207-24 53.5ミリ↓

Img_2998

・Gullさん YG1212-25 52.5ミリ↓

Img_2999

・Gullさん YG1309-21早期 52.0ミリ↓

Img_3000

・Gullさん YG1225-6 54.0ミリ↓

Img_3001

・ワイドカウさん 12YGE408 50.8ミリ↓

Img_3002

・Gullさん YG1204-36 52.5ミリ↓

Img_3003

・Gullさん YG1304-33早期 51.0ミリ↓

Img_3004

・GREEN 013YG5-012早期 51.8ミリ↓

Img_3005

2014年4月 7日 (月)

2014開始&ラインナップ

大型血統ブリード2年目を予定通りに4月1日からスタートさせています。

そして、今期の大まかなスケジュールを立ててみました。

4月~ペアリング期間

5月上~産卵セット投入(DRカワラ材A2L・AL材・グリードSL)

6月中・下~1本目菌糸投入(OAMS・S3・S5・LVGSP)

9月中・下~2本目菌糸交換 ※一部8月初旬交換?(OAL・S3・LVGSP)

12月下・1月上~3本目菌糸交換(OAL・S3M・LVG)

基本計画通りに進めて、2本目交換時期は菌糸の喰い上がりを見ながら

臨機応変に対応出来る所はしたいと思います。

又、温度管理は昨年2本目交換後が高めだったかなぁと感じているので、

今年はその辺りを気を付けないといけません。

ライン差があったので温度だけが原因とは言えませんが♂♀共に早期羽化

が多かったです。とくに♂の早期羽化は避けたいところです。

さて組み合わせも何とか決まり、5日サイクルでペアリングの真っ最中ですが、

組み合わせ表は採卵・孵化状況を見てから紹介したいと思います。

そこで能勢YGの種親♂♀をエバクワさんの表を参考にして作ってみました。

久留米は組み合わせ表になっています。

【能勢YG血統 2014種親♂ラインナップ】

Osu


【能勢YG血統 2014種親♀ラインナップ】

Mesu2


【久留米血統 2014組み合わせ表】

Kurume_2

久留米は一発勝負の1ラインですので何とか頑張って採りたいですね。

そして、能勢YGの中にはコラボや種付けトレードも含まれています。

コラボはcamuzeさんと【CGコラボ】1ライン、きくまるさんと【KGコラボ】2ライン

を計画しています。

種付けトレードはきくまるさん所有のGullさん12年1番♂84.0ミリ!!

Gullさん1番は超良血なのでとても楽しみです。

ハードルを上げてcamuzeさんときくまるさんに何とか追従して行きます(汗)

そして、第一陣のペアリングが終了し第二陣を昨日から開始しています。

最初は予定通り強行して、いきなり♀を投入したもんだから大丈夫なのか?

と、ちょっと不安でしたが餌皿の下でいちゃついてました。

今までは♂♀の相性を確認してからペアリングセットに投入していましたが、

今年は全く見ていませんし顎縛りもしていません。

虫の気分は無視して今回は流れに任せようと思いました。

これから順次ペアリングするので事故が無い様に頑張って貰いたいですね。

※よく見ると、能勢YG♀を2頭追加補強していますcoldsweats01

そして昨日能勢YGのボトルを確認したら、たぶん通常の蛹化第1号が出ました。

HSさんコラボ4番♂81.0×コラボ1番♀50.5からの幼虫(013YG5番014)で、

PPボトルで見づらいですがうっすらと小麦色のがその蛹です。

013yg5014131294

菌糸のカビが気になり4本目(神長S3)へ1月31日に交換したのですが、

その後暴れずに蛹室らしき物を作っていたのでもしかしたら、と思っていました。

4本目交換時は29.4グラムと大型血統では小さいですが嬉しいですね。

ただ39.2グラムが暴れ始めたので今日交換したら35.2グラムになっていました(汗)

せめてここで何とか踏みとどまってもらいたいのですが・・・。

他の35グラムUPの幼虫はスイッチが上手く入ったのは暴れずに蛹室を作り始めて

いますが、まだまだ入っていないのが居るのでスパッと行くように祈るのみです。

2013年12月 2日 (月)

冬眠中です(クワガタが)

我が家でのオオクワガタの冬眠場所ですが、どこにしようか悩んでいて

今までの玄関をやめ、今年は床下収納庫で飼育管理することにしました。

玄関はやはり人の出入りがあるし、日差しも入ってきて温度が一定な

状態ではなかったので、あまり良い場所ではないと考えていました。

床下収納庫は今まで外国産のクワカブ飼育で使っていましたが

もう撤退したので、いちおうフリー状態になっていました。

収納庫ですので本来ですと物を収納するべきですが、

うちではあくまでも強気に虫(クワガタ)スペースです・・・(汗)

床下収納庫の温度は真冬でも確か10℃前後で推移していたので、

外の倉庫などに置くよりも安心していられます。

外だと最悪は氷点下10℃位になりますからね。流石に怖いです。

でも以前オオクワを凍らせてしまいましたが、ちゃんと復活していたので

オオクワって寒さに対してはけっこうタフだと感じました。

現在の床下収納庫温度帯は15℃前後、また湿度は50~60%位です。

収納庫蓋自体の密閉度は低いので酸欠は無いと思いますが、通気穴から

勢いよく風が入ってくるので外国産飼育の時からテープをしています。

Img_1599

♂は1500サイズのPPボトルか小ケースです。

♀は800~1300サイズのPPボトル。

オガくずはフジコンの防ダニ消臭マットをけっこう湿らせて入れてます。

最初のうちはゼリーを入れて、たま~に様子を見ています。

でも、もう食べていないので完全に休眠状態に入っているようですね。

Img_1598

冬眠方法の善し悪しは分かりませんが、

うちではこんな感じで冬眠させようと思います。

では、来春また元気な姿でお会いできますように。

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム