« 久留米の菌糸交換終了 | トップページ | 能勢YG(2本目)菌糸交換② »

2013年9月29日 (日)

能勢YG(2本目)菌糸交換①

久留米オオクワガタ幼虫の2本目餌(菌糸)交換終了の次は能勢YG血統です。

能勢YGの交換でも私的になかなか良いな、と思うラインがまず1つ出ました。

種親♂はHSさんからの個体で、011CYG88Hコラボ4番/♂81.0㎜です。

この♂はとても元気が良くて、良い種を持っていると思います。

そして種親♀は同じくHSさんからの個体で、11-80-B1/♀52.5㎜です。

この♀は、おおくわ80さん/2011年B1ラインからの個体になります。

♂81.0×♀52.5の配合は2013年能勢YGブリードでは013YG6番ラインです。

6番♂の頭数は全12頭で平均値は28.8gと大きくはないですが、

菌糸1本目で♂30gUP4頭と、あと一歩の29.9g1頭が出ました。

ちなみに♀の最大値は、ついに始めて見ました17.8g。。たぶん♀かな?

♀幼虫を除いた上記♂幼虫5頭の写真です。

007299

017310

023313

019316

016324
写真が暗くて申し訳ありませんが6番ライン♂最大32.4g(016)です。

上から29.9/31.0/31.3/31.6/32.4となっています。

この6番ラインは1本目で4頭が30gUPしてきましたが、同じ♂を使った7番ライン

は♂最大値28.5g(005)/♀最大値15.5g(003)でしたので、♀とのマッチング、配合

も関係あるかもしれません。今の私には考えても分からないので追求しませんが。

もう1ライン同じ♂を使ったラインがあるので、それが果たしてどうなっているでしょうか。

又、菌糸ビンに幼虫投入用の穴をあける時にSUSスプーンを使っていましたが

時間が掛るし、疲れるので木工用ボアビットφ35の刃をインパクトドライバー

付けて穴をあける様にしました。これによりかなり作業が楽になったと思います。

♂幼虫の場合は穴を少し重ねて2発あけて、♀の場合は1発のみあけています。

もちろん、穿孔作業は菌糸オガが飛び散るので段ボールの中であけています。

32

32_2

32_3

« 久留米の菌糸交換終了 | トップページ | 能勢YG(2本目)菌糸交換② »

2013ブリード」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^

6番ライン良さそうですね!
私も2本目からは充電ドリル(回転速度調整が出来るタイプ)と
キリで穴をあけています。かなり楽ですよね!

ダイトウさんへ

実は、6番で大きく育たなかったものはたぶん菌糸ですね。
既製品でしたが私の目から見てもあまり質が良くなかったと思います。
でも、ここまで大きくなるとは思わなかったので放置していました~^^
やっぱりしっかりとやらないとダメですね。。反省です。
ドリルはこのボアビットがしっくりきましたね。重宝してます^^
でもちょっと刃が引っ掛かった時に菌糸オガが飛び散るので、
キリの方が良いかもしれませんね。

コメ出遅れました(^_^;)
HSさんの11年コラボ4番♂もいい仕事をしているようですね♪
♀により幼虫体重に違いが出るのは、仕方ないことかもしれませんが、配合がわかれば苦労しませんね(((^^;)
我が家のHSさんラインも交換が楽しみになりました♪
30gUpが出るといいですが(^_^;)

トシクワさんへ

いつもコメありがとうございます^^
コラボ4番はなかなか良い仕事をしていますよぉ^^
トシクワさんのラインも期待しています!
確かに配合が分かれば苦労しませんね^^
でも分からないから面白いのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408589/53422311

この記事へのトラックバック一覧です: 能勢YG(2本目)菌糸交換①:

« 久留米の菌糸交換終了 | トップページ | 能勢YG(2本目)菌糸交換② »

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム