« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

能勢YG(2本目)菌糸交換①

久留米オオクワガタ幼虫の2本目餌(菌糸)交換終了の次は能勢YG血統です。

能勢YGの交換でも私的になかなか良いな、と思うラインがまず1つ出ました。

種親♂はHSさんからの個体で、011CYG88Hコラボ4番/♂81.0㎜です。

この♂はとても元気が良くて、良い種を持っていると思います。

そして種親♀は同じくHSさんからの個体で、11-80-B1/♀52.5㎜です。

この♀は、おおくわ80さん/2011年B1ラインからの個体になります。

♂81.0×♀52.5の配合は2013年能勢YGブリードでは013YG6番ラインです。

6番♂の頭数は全12頭で平均値は28.8gと大きくはないですが、

菌糸1本目で♂30gUP4頭と、あと一歩の29.9g1頭が出ました。

ちなみに♀の最大値は、ついに始めて見ました17.8g。。たぶん♀かな?

♀幼虫を除いた上記♂幼虫5頭の写真です。

007299

017310

023313

019316

016324
写真が暗くて申し訳ありませんが6番ライン♂最大32.4g(016)です。

上から29.9/31.0/31.3/31.6/32.4となっています。

この6番ラインは1本目で4頭が30gUPしてきましたが、同じ♂を使った7番ライン

は♂最大値28.5g(005)/♀最大値15.5g(003)でしたので、♀とのマッチング、配合

も関係あるかもしれません。今の私には考えても分からないので追求しませんが。

もう1ライン同じ♂を使ったラインがあるので、それが果たしてどうなっているでしょうか。

又、菌糸ビンに幼虫投入用の穴をあける時にSUSスプーンを使っていましたが

時間が掛るし、疲れるので木工用ボアビットφ35の刃をインパクトドライバー

付けて穴をあける様にしました。これによりかなり作業が楽になったと思います。

♂幼虫の場合は穴を少し重ねて2発あけて、♀の場合は1発のみあけています。

もちろん、穿孔作業は菌糸オガが飛び散るので段ボールの中であけています。

32

32_2

32_3

2013年9月28日 (土)

久留米の菌糸交換終了

大型血統/能勢YG・久留米産オオクワガタ幼虫の2本目の餌(菌糸)交換をしています。

先に頭数の少ない久留米が終了して、今は能勢YGをゆっくりと交換しています。

他所では1本目から超巨大幼虫が出ているので大型血統の醍醐味を感じていますが、

家では超巨大幼虫は出なそうですね^^

でもビックリ箱でも開ける様に、一喜一憂しながら楽しんで菌糸交換しています^^

今期は久留米産も初年度ですが自ブリ3、里子1ラインの全55頭でスタートしています。

そして、久留米1本目で30gUPは無理かなと思っていましたが何とか出てきました。

まずKU1番♂802(Tigaさん11年3番)×♀500(Tigaさん11年2番)最大幼虫です。

♂25.3g(008)/♀13.2g(007)


とばしてKU3番♂750(メルリンさん11年9番)×♀450(♂同腹)の最大幼虫です。

♂24.8g(002)/♀14.9g(001)


この1番、3番ラインは2本目の菌糸ボトルで少しは伸びてくれると思います。

そしてshimaさんからの里子のKU4番♂855×♀543(マツノ系)の最大幼虫は、

♂29.3g(001)/♀15.3g(003)


30gまではもう少しでしたが、さすがshimaさんからの幼虫は大きいです。

ここは1本目は全てS4PP1400へ投入していました。

Ku4001293
この4番ラインは2本目も順調に伸びて何とか30gUPを期待したいと思います。

KU2番ラインをとばしていましたが、このラインは更に楽しみなラインになりました。

KU2番♂790(shimaさん844同腹)×♀500(メルリンさん11年3番)からの幼虫です。

1頭だけ6月10日にLVG-SP800に初令投入して、あまりにも食いが早かったので

8月9日に22g(001)で2本目S4PP1400へ投入してあります。ですので現在の

体重がはっきり分かりません。その1頭を除いた♂最小体重は26.4g(009)でした。

そして、上記2頭を除いた全♂幼虫体重の写真です。

Ku2010281


Ku2006283


Ku2015295


Ku2005296


Ku2007303


Ku2002322

2番ラインは♂最大が32.2g(002)で、写真は無いですが♀最大が16.6g(016)。

すでに8月に交換してある♂1頭を除いた平均値は29.2gと良い数値だと思います。

この2番ラインの1本目菌糸はLVG-SP800の既成品ボトルに投入していました。

しかし、温度管理はかなり苦労しました。冷房専用エアコンで約27℃管理でしたが、

北西のお勝手口食料庫を間借りして飼育しているので調整がとても困難でした。

これからは暖房がしっかり出来る様に、まずエアコンを冷暖房用に買い換えました。

ですが、2本目からもしっくりイメージ出来ていないので難しい管理になりますね。

しかも普通に生活している場所なので少なからず日常生活の音(振動)等々あります。

ですので、幼虫たち自身で何とか頑張って貰いたいところです。

こんな環境ですが久留米ラインは24g~28g台の幼虫たちが、

あと5g程伸びて全体的に底上げして欲しいと思っています。

これから能勢YGの交換です。大分残ってはいますが今週中には終了させたいです。

又、今回2本目交換作業はかみさんと子供3人に手伝ってもらっています。

情けないですが残菌糸オガ除去と瓶洗浄が。。。。とボヤいていたところ

その両方の作業を手分けしてやってくれています^^

汗水たらして作業している姿を見て、嬉しいと共に本当に感謝しています。

Photo


Photo_2


Photo_3

【オオクワもいいな!!】のきくまるさんと相互リンクしました。今後共宜しくお願いします

2013年9月14日 (土)

今期最後の採集へ

9月13日(金)はクワ友さんと3人で今期最後の外灯採集へ。

しんちゃんとは会ってましたが、ハラちゃんは久しぶりです^^

13日は台風18号が近づいているせいか、蒸し蒸しのとても暑い日で

採集地の気温は午後9時で24℃くらい、湿度80%、曇り空で

月は殆んど見えず、風は微風程度。

最高のクワガタ採集日和じゃないでしょうか。


こんな好条件でも上手く行かないのがオオクワですけど。。。

でもオオクワが採れなくても採集地の雰囲気を味わったり

クワ友さんと一緒に遊べるのが面白くて、楽しいです^^

しかし今期は自分だけオス個体に出会えなかったな~。

また来期の楽しみです^^

Photo
                         ハラちゃん

1
                       一発目のノコギリ

2
                       二発目のノコギリ

3
                       三発目のノコギリ

最後にオオクワ♀の潰れ。。。

車に轢かれて間もないのか、微妙に動いていました。。とても残念。

Photo_2

2013年9月10日 (火)

2本目菌糸詰め

2本目の菌糸詰め作業がやっとこさ完了しました^^

9月4日に到着してから詰め始めましたが、途方も無く長い一週間でした。

皆さんが詰め詰めを頑張っているのを励みにしながら

持続力の無い自分を奮い立たせて何とか乗り切った感じです。

菌糸は神長きのこ園さんのS3ブロック48個とエクシードクラフトさんの

LEVIN-G-SPブロック30個の計78ブロックを詰めました。

容器サイズと菌糸オガ重さ(※容器重さ含まず)と本数は、

S3:800ビン(370g)1本、(430g)1本

S3:830PP(520g)25本

S3:1300PP(730g)17本

S3:1300PP(780g)48本

S3:1500PP(900g)42本

LVG-SP:800ビン(500g)1本

LVG-SP:830PP(570g)52本、(600g)1本

LVG-SP:1300PP(780g)18本、(800g)36本 でした。

詰め本数の合計は242本です。又、添加剤などは混ぜていません。

詰め具合は既製品を参考にしながら緩めにしたり少し堅めにしたりとバラバラです。

もったいないので余った菌糸オガは800ビンに詰めています。

そして、800タイプのボトルが少ないですが♂♀の比率がよく読めませんでした。

又、YGで食いあがりの早いビンが何本か見られますが、そちらは既製品を用意して

ありますので先に交換します。見た目ではおそらく25g~28gの間でしょうか。。。

詰めた菌糸も上手く廻ってきていますので本格的な交換は9月後半頃の予定です。

                      (菌糸ブロック到着)

S348lvgsp30

                    (Ashtakaプレスでプレス)

Ashtaka

                        (菌糸計量)

Photo

                       (菌糸培養状況)

Photo_2

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム