« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

産卵セットへ投入

GW前半はクワ作業と畑作業で終わりました。30日から仕事で3日からまた休みです。

クワ作業は予定通り産卵セットを組みメスを投入、久留米3ラインと能勢YG9ラインの

計12ラインです。写真は27日に組んだ10ライン。今回Fe3+を初めて使いました。

産卵材はDR製AL材、KBファーム製カワラ材、TP製カワラ材特A2Lの3種類、

マットはフジコン製バイオフレークマットとKBファーム製フェロールマットを併用です。

残りの能勢YG4メスは5月2日と連休明けに産卵セットへ投入予定です。

又、畑作業は家庭菜園程度ですが、ジャガイモの種イモを中学1年の長女と2人で

畑にうねを作って撒きました。収穫は7月下旬頃だと思います。

Box_321_3


Photo_3Fe3_5


10_5Photo_4

2013年4月24日 (水)

途中経過と報告です

2013年度のブリード途中経過ですが、今のところ特に事故も無く進んでいます。

又、事故報告も拝見していますので今は念のため顎固定をし同居させています。

下記表ですが確実に幼虫が採れる訳ではないので細かい内容は書いていませんが、

4月24日現在のペアリング中とペアリング待ち、産卵セット待ちの組み合わせです。

★能勢YG013★

〇種♂81.0ミリ(Gull氏/866同腹インライン直仔)

  1番 ♀53.3ミリ(龍氏/866アウトライン直仔847同腹兄妹)ペアリング中

  2番 ♀53.2ミリ(shima1007氏/旧80系845同腹兄妹)ペアリング未

  3番 ♀51.0ミリ(Gull氏/11年1番856同腹兄妹)ペアリング済・セット待ち

  4番 ♀51.0ミリ(Gull氏/11年2番847同腹兄妹)ペアリング済・セット待ち

〇種♂81.0ミリ(HS氏/11年CYG88コラボ4番)

  5番 ♀50.5ミリ(HS氏/旧847系11年CYGコラボ1番)ペアリング済・セット待ち

  6番 ♀52.5ミリ(HS氏/11年80B1-5番)ペアリング済・セット待ち

  7番 ♀51.6ミリ(虎壱氏/11年YG80-2番)ペアリング済・セット待ち

  8番 ♀49.0ミリ(かんちゃん氏/YG01200T)ペアリング中

〇種♂80.2ミリ(虎壱氏/旧847系11年5番848同腹兄弟)

  9番 ♀52.0ミリ(虎壱氏/旧847系11年7番)ペアリング済・セット待ち

 10番  ♀51.5ミリ(銚子オオクワさん/871、866系)ペアリング済・セット待ち

〇種♂81.5ミリ(shima1007氏/旧80系845同腹兄弟)

 11番 ♀49.7ミリ(龍氏/旧80系858同腹インライン直仔)ペアリング中

 12番 ♀49.5ミリ(pax氏/11年N-3番プレ♀)ペアリング済・セット待ち

〇種♂70.0ミリ(虎壱氏/ギネス871異母兄弟)

 13番 ♀46.0ミリ(虎壱氏/11年YG80-3番)ペアリング済・セット待ち

★久留米KU013★

〇種♂80.2ミリ(Tiga氏/11年KU3番プレ♂)

  1番 ♀50.0ミリ(Tiga氏/11年KU2番プレ♀)ペアリング済・セット待ち

〇種♂79.0ミリ(shima1007氏/H23-11-36番844同腹兄弟)

  2番 ♀50.0ミリ(メルリンカート氏/11年3番850同腹兄妹)ペアリング済・セット待ち

〇種♂75.0ミリ(メルリンカート氏/11年9番861インライン直仔)

  3番 ♀45.0ミリ(メルリンカート氏/11年9番861インライン直仔)ペアリング済・セット待ち

この中で採れないラインも出てきますが、ラインによっては玉砕する厳しい

内容だと思います。逆に考えると爆産も恐ろしいですがまだOKですね。

前向きな思考回路でやっていますので「今」はまだ精神崩壊していません(笑)

産卵セットへの投入は順次しますが、早いラインで4月27日からで遅くとも

5月連休明け投入予定です。産卵木はドルクスルームさんのAL材がメインで

数本だけセールで購入したKBファームさんのカワラ材を使います。

1頭のYG♀が右顎先欠けなので柔らか目の産卵木を使おうと思いますが、

最悪の場合は以前タランドゥスの顎欠け♀で産卵成功したカワラ菌床ボトルか、

オオクワキングさんのカワラ爆産棒です。。因みに龍さんがカワラ菌床で

右顎麻痺♀の採卵に成功しているのをブログで拝見しましたが流石ですね^^

まだ孵化まではいっていませんが大変嬉しい報告でした。

そして、産卵セット容器には光の入らないバックルコンテナを用意し、有名なFe3+も

今回初めて使おうとMONSTERさんで用意しました。

何とか♀達には安心してしっかり産んで貰いたいと思っています。

又、使用菌糸の方も3メーカーさんから何とか予約が取れまして一安心でした。

神長さんからS3ブロック24個と800プラ40本を5月中旬と6月上旬に。

エクシードクラフトさんからレビンG-SPブロック10個と800プラ50本が

5月中旬と5月下旬に到着予定。

マツノインセクトさんからオアシスMS850プラを18本、5月下旬にです。

うちの菌糸詰め用瓶は950mlなので詰め本数は恐らく110本位だと思いますが、

2本目からは全ての瓶を詰めるので上手く行けば200本~位でしょうか??。。

実際に何ブロックで何本・何グラムという算段がつかず、幼虫も何頭採れるのか

分からないので注文数が難しいです。1本目をクリア出来れば本数は決まりますが

特に2本目からの♂用瓶の個数判断をどうするのか。。。少し多めに詰めるのか。

と、今の所はこんな感じで不安も色々ありますが毎日オオクワガタの事を考えながら

楽しくブリードしています^^。。。しかし考える事が多いですね(^_^;)



そして、4月21日の日曜日は朝から雪が降りました。

桜も散って少しずつ芽吹き始めもうすぐ初夏の風が気持ちいい季節なのにビックリです。

霜のせいなのかチューリップもしんなりとしてしまいました。

Img_0222

 

2013年4月13日 (土)

YG866系と858系(80系)

お天気がとっても良かったので久しぶりに家族5人でお花見に出かけました^^

桜もちょうど満開なのでどおしよ~かなと考えた末、桜は止めてあんずの花を観に

行ってきました。あんずの里と言う所で杏畑が広がっている観光スポットです。

古い民家の路地を抜けるといきなり広陵とした杏畑が広がっていて、その中を

ぽたぽたとお散歩しながら進みます。あんず製品の販売所もあり色々売っていました。

私は杏ジャムと杏ビールを購入、子供達はあんずソフトクリームに舌鼓していました^^

久しぶりにスッキリ爽快な気分です^^後はゆっくりと杏ビールを味わいます。。

Img_0186Img_0187_4


Img_0190Img_0217


Img_0195Img_0199





それでは表題のYG866系と858系(80系)の紹介です。


能勢YG血統2009年ビークワギネス♂86.6mmの直仔♀と、

そして能勢80系統最高峰♂85.8mmの同腹直仔♀

それぞれを2013年YGライン種メスとして幸運にも補強する事が出来ました。

まさかこの様な素晴らしい血統をブリードできるチャンスが来るとは、

正直考えてもいなかったので本当に感激です^^

「オオクワガタが如く」の龍氏には感謝の言葉しかありません。

本当にありがとうございました。。とにかく先ずは産卵祈願です(^_^;)


今回、龍さんから譲って頂いたメス個体は、ブリーダーとも氏所有個体であった

マサレッド氏能勢YG847血統09年2番(854・851同腹個体)♀52.8mmを

yasukong氏2009年ギネス(前ギネス)♂86.6mmに種付けして頂いて

得られた個体で、大変貴重なそして種親として申し分のない体長53.3mm

YG866アウトライン直仔メスです。

又、同腹兄妹サイズもライン最大オスで84.7mmとお聞きしています。

  ☆種♂86.6mm×♀52.8mm(847系MR09年2番)=♀53.3mm(龍氏作)☆

Yg866533_2

866

866533

龍氏866アウトライン直仔♀53.3mmのお相手は。。。

Gull氏11年9番866同腹インライン直仔♂81.0mm(83.1×52.8)に決めました。

866810gull

81011092

866同腹直仔イン♂(Gull氏)×866直仔アウト♀(龍氏)

組み合わせは我が家の2013年能勢YGラインでトップを飾る

強力ラインであるのは間違いないです。本当にワクワクします^^

そして次に能勢80系統最高峰♂85.8mm同腹インライン直仔メスです。

YG866アウトライン直仔と共に龍さんから譲って頂いたメス個体は、

龍氏がyasukong氏から能勢80系統♂85.8mm同腹兄弟の♂80.1mmと、

同じく同腹兄妹の♀50.3mmを直接譲って頂き、その兄妹インラインから次世代

に得られた個体で体長49.7mmのメス個体です。

  ☆種♂80.1mm×♀50.3mm(858同腹インライン)=♀49.7mm(龍氏作)☆

858497

858

497

龍氏858同腹インライン直仔♀49.7mmのお相手は。。。

shima1007氏旧80系統♂81.5mm(83.2×53.2)845同腹兄弟に決めました。

815

Photo
このラインは80系100%の組み合わせ、しかも龍氏2012年ブリードでは、

858同腹兄弟♂80.1mmラインからとんでもない体重の幼虫が出ています。

858系は本当に素晴らしい血統です。


2013年度ブリードがすでに始まっています。

腕は無いですが何とかこの素晴らしい血統を頑張ってブリードしたいと思います。

又、2013YGブリードライン表は再度作成中なので完成次第掲載いたします。



        ☆龍さんのブログ「オオクワガタが如く」をリンクしました☆

☆この度、龍さんには色々と大変お世話に成りました^^今後とも宜しくお願いします☆

2013年4月 9日 (火)

旧80系統の紹介

      2013年度ブリードで、能勢YG血統(旧80系統)をYGラインに入れる為に

      選んだ種オス個体です。ブリーダーはshima1007氏、同氏から同腹兄弟

      で♂84.5mmサイズが出ているラインからの♂81.5mm。

      随分前にshimaさんから譲って頂いていましたが未公開でした。

      この♂81.5mmに付けるメスは2頭、2ライン組む予定で、1ラインのメスは

      同じく旧80系統(未公開)のアウトラインで行こうと思っています。

      もう1頭のメスはpaxさんのプレ企画で見事当選して譲って頂きました、

      ♀49.5mm(おおくわ80氏2011年能勢YG830×525ライン)です。

      何となくですが自分の中で能勢80系統はどうしても外せない血統だと思い

      シーズン開始ギリギリでやっと納得出来る組み合わせが出来ました。

      御協力頂いたブリーダーの方々に感謝です。。ありがとうございます^^

                 (写真は2枚とも♂81.5mm個体です)

81580

Img_0163

Photo

Photo_4

      そして、ハンド(監視下)ペアリング中に暴挙に出たので顎固定しました。

      顎先で固定すると滑ってインシュロックが外れてしまうので内歯の手前で

      固定、一応ゼリーは食べられる様に調整していますが、やはり邪魔なのか

      落ち着かない様子でうろうろしています。今までは輪ゴムを使って顎を縛って

      いましたが、インシュロックで簡単に顎固定出来ました。

      ダイトウさん、インシュロック顎固定方法のご紹介をありがとうございました。

      慣れなくてもペアリング再開します^^

Img_0178

      又、最近デジカメを新しくしまして、銚子さんのブログでご紹介されていた

      キャノン製パワーショットS110という機種です。今までのカメラは接写時

      にボヤけていましたがS110でなかなか綺麗に撮れるようになり、

      写真撮影も楽しく出来るようになりました^^

Canons110

2013年4月 6日 (土)

ハンド(監視下)ペアリング

     ペアリングは基本的に約1週間の同居をしていますが、

     相性やヤル気、攻撃性などを同居前に確認しています。

     とても簡単なやり方なのですが、絨毯上にてプリンカップを

     逆さまにして、その中にオスとメスを一緒にしています。

     当然最初は動き回るのでプリンカップをそのままの状態で動かし

     オスとメスの位置取りを調整・確認しながら、上手く行けば

     そのままペアリングまで持って行きます。今日は能勢YG2ペアと

     久留米3ペアを試しまして、行ってから最短15分で1回、30~40分に

     3回の交尾を確認出来ました。その後、念の為に約1週間同居させます。

     今まで仲の悪かったペアも粘った末にしっかり交尾しました^^

     何故か交尾が完了すると急に仲良く見えるので同居させます。

     しかし、1オスがかなり凶暴で危うく大切なメスが殺されそうに

     なったので、その1ペアは中止しました。このオスは顎縛らないとダメかな^^

     普通なら交尾を確認し、更に同居までやれば問題なく採卵出来そう

     ですが、種無しなどの問題もあるので分からないですね^^

Photo_2
Photo_3
Photo_4
Photo_5

2013年4月 2日 (火)

YGのペアリング開始

     3月31日からペアリングを開始しました。

     YGで複数のメスをつけるラインから先に順次7日間の同居生活をします。

     ペアリングセットを組む前に、一応相性の確認をして大丈夫かなぁ?

     程度に簡単ですが確かめてペアリングセットを組んでいます。

     エサゼリーは2~3個くらい、足掛け材も大きく割った物を入れて

     マットは2~3cm程度の厚みで敷いています。そして、ペアリング用の

     ケースはお得意の100均にあるストックBOX・Sサイズを使用しています。

     このBOXはゼリーを交換する際に蓋を開け易いし重ねる事も出来るので

     ヘラクレスの飼育の時も重宝していました。

     ペアリングは事故が怖いですが、これから種無しなどの問題も怖いですね。

     幼虫がしっかり採れるまで祈るのみです。

     又、2013年度能勢YGラインも直にご報告出来ればと思っています。

Photo

Photo_4

Photo_6

Photo_7

     ☆ダイトウさんのブログと相互リンクしました。今後とも宜しくお願いします☆

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム