« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月23日 (土)

嬉しい事が^^能勢YGメス到着。

   22日、23日で北陸地方に出張に行きまして、ゆったり温泉も頂いて来ました^^

Photo



    雪道から無事に帰宅後、paxさんの盛大なプレ企画で見事に当選させて

    頂いた能勢YGメス49.5ミリも無事に到着されていました^^

Photo_2


Photo_3


Yg495


    paxさん、この度は素晴らしい個体をお譲り頂き本当に有り難う御座いました^^

    しっかりブリードしたいと思います。。

    (おまけのゼリーまで頂きまして、ありがとうございます^^)

 

    それと。。。白い粉?の入った小さな容器が一緒に入ってましたけど、

    中央写真にて私が手に持っている白い粉です。。それは何です??

    ブリードに関係あると思いますが、どのよ~にしたらいいのでしょうか?

2013年2月19日 (火)

硬質SUSスプーンの加工状況(途中経過)

    菌糸を掘削する道具の一つ、硬質SUSスプーンの加工をしています。

    今回加工しているスプーンはwaizuさんがブログでご紹介された物と同タイプの

    長さ330ミリの硬質ステンレス製のかなり堅く厚みのあるスプーンです。

Sussus_7

   向かって左上側の少し長いのが330ミリ硬質SUSスプーンで

   右下側が私が今まで使用していた310ミリSUSスプーンです。

   質感が全く違い厚みも違います。


Sussus_8


  
    上が硬質SUSスプーンで下がSUSスプーンです。

    硬質SUSスプーンの厚みはスプーン部分で約2ミリあります。

Sus



    SUSスプーンの厚みはスプーン部分で約0.5ミリでした。

Sus_2

    硬質SUSスプーンの強度とSUSスプーンの薄さを兼ね備えた「waizu式スプーン」

    を100均のダイヤモンドヤスリで削って作ります。

Photo_3




    硬質SUSスプーンのスプーン部分を削って薄く加工して行きます。

Photo_4



    2月17日(日)に作業を開始、この日はある程度の基本形まで作り込む為に

    約5時間かけて削り続けました。

    削る角度はwaizuさんのブログの写真と文面を参考にしながら削りました。

    基本となる形まで削り込んだ状態です。。左右共に同じ硬質SUSスプーンです。

Photo_5

Photo_6

Photo_7


    日曜日はとりあえずここまで作業して終了しましたが、ヤスリを持って削っている

    右腕の人差し指と親指が痺れて感覚がなく、関節もよく曲がらなくなり止めました。

 
    ここから残りの作業は使わないカワラ菌床瓶で試掘し少しずつ削り込みます。

  




    2月19日(火)に40分くらい削った状態です。

219

219_4219_8

   waizuさんのブログでピカピカ仕上げ状態の硬質SUSスプーンを

   拝見させて頂きました。素晴らしい出来栄えにビックリ仰天しました。

   同じ物は出来ないと思いますが、自分で使い易い物を仕上げてみたいと思います。

   ☆この度、マサレッドさん、てばきちさんのブログと相互リンクいたしました☆

             ☆これからもどうぞ宜しくお願いいたします☆

2013年2月11日 (月)

来期種親の冬眠解除始め

   ☆初めに再度お知らせです。paxさんの「オオクワ飼育に挑戦」で☆

☆オオクワガタプレ企画を盛大開催中です^^初めての方も大歓迎です☆

            ☆受付は2月17日24時までですよ~☆ 

       (プレ企画は終了しております。paxさんお疲れ様でした^^)

  冬眠解除をし始めている記事をぼちぼちと観かけています。

  ですので我が家の来期種親たちも冬眠から起しはじめました。。

  最低20℃は確保されているラックの中と、入りきらないのでその横です。

  早くもエサを食べ始めていますよ^^

  ゼリーはKBファームさんのプロゼリーです。やはり食いつきが良い感じです^^

Photo_4

Photo_6

                 Tigaさん久留米80.2ミリ(011KU311)
Tiga802

                HSさん能勢YG81.0ミリ(011CYG88H4番)

Yghs810



  そして、菌糸瓶を100円ショップで追加発注したのを受け取りました。

  950ml瓶20個入りで3箱です。送料は掛らないし1個105円なので安いです。

  蓋への穴あけが残っているので少しずつ作業したいと思います。

950ml

  ★オオクワに魅せられて(DIARY OF A BLACK BEAUTY)のトシクワさんと

                                 相互リンクさせて頂きました★

                 今後とも宜しくお願いいたしますm(__)m^^

2013年2月10日 (日)

DHヘラクレス完品羽化報告☆完結編☆

  DHヘラクレス(グアドループ島産)の羽化報告です。

  2011年6月孵化から1年8カ月を要して完品羽化という形で完結することが

  できました。。いや、ムチャクチャ長かったデス^^

  メスも国産カブトムシより倍ちかい時間が掛りましたが、何と言ってもオスがネ。。。

  これでヘラクレスのブリードはひとまず完結となりまして、オオクワに集中します^^

Dh2



Dh140



                  ★DHヘラクレス約134ミリオス★

Dh134



                  ★DHヘラクレス約140ミリオス★


140



      ★この度、paxさんとGullさんのブログと相互リンクさせて頂きました★

                これからも宜しくお願いいたしますm(__)m



             ◎paxさんのブログ「オオクワ飼育に挑戦」で

             オオクワガタ プレ企画を開催しています。

         能勢YG・久留米と超大型優良血統がプレされています。。

        右記リンクからぜひ遊びにいって、ぜひ応募してみて下さい^^

              (注)締切は2月17日24時までです。

2013年2月 8日 (金)

マツノ韮崎早期羽化♀

マツノインセクト様韮崎産♀早期羽化していました。。

体がだいぶ固まっていた状態からして1月中旬位には羽化していたようで、

ボトルの外から蛹室内を見てもなかなかのサイズだと感じていました。

サイズ測定したところ50ミリチョッとだったので、ジャスト50.0ミリというところです。

お尻の形状も無理のないキレイな形をしているので問題なく使えそうです。

2013年シーズンではマツノインセクト韮崎血統はブリードいたしませんが、

2014年シーズンで、おそらく種親メスとして頑張ってくれることでしょう^^

500 (マツノ韮崎血統♀50ミリ)

50 (顎開き最大値)

☆管理データ☆

◎1本目/2012年 6月11日=LEVIN-G800PP 初令

◎2本目/2012年11月30日=E800PP      12.0g

◎羽 化/2013年 1月



そして、管理データ票ラミネート加工試しに作ってみました。

データ票の原本は、先輩ブリーダーの皆様のを参考に少しアレンジして

仮に作りました。飼育中は手書きのシートで管理し、無事に完品羽化まで

いったらラミネート加工したいと思います。

Photo_6

Photo_9

Photo_11 (試作品です)


(注)記載のデータはあくまでも妄想ですのでとくに意味はありません。




  ★鍬形屋七兵衛さん、waizuさんのブログと相互リンクさせて頂きました★

 

  ☆  お世話になっているTigaさんのHPとブログをリンクさせて頂きました  ☆


     
皆様、今後とも宜しくお願いいたしますm(__)m^^

2013年2月 3日 (日)

少しずつ準備してます。

2013年もいつの間にやらもう2月になってしまいました。

今年から本格ブリードを開始するのですが、なんかソワソワしています。

皆さんの計画を拝見させて頂くと、2月から準備を始めて3月頃から種親を

お越しエサを与えて。。。。と今までの私のブリードスタイルからは考えられない

くらい早いブリード工程ですので、じきに本番に入るのかと思うとドキドキです。

ですので菌糸詰め用ビンや小物を買いに100円ショップと薬局に行ってきました。

菌糸ビンは以前から使用している同じく100円ショップの900mlビンが37個あり、

今回は少し容量の少ない800mlビンを18個買いました。

数的にはまだ足りていませんが使用済みプラボトルも沢山あるので使えるかどうか

見極めながら用意しようと考えています。

800ml(800mlビン)

写真のビンの蓋に20㍉程の穴を開けたら貼ろうと考えているシールです。

幅は38㍉で好きな大きさに切って貼ります。

Photo(通気穴保護シール)

試しに切って貼ってみたら粘着性も十分で通気性もあり使えそうでした。

菌糸ビン殺菌・消毒用のエタノールです。今まではエタノールより安い、

オキシドール(三分の一くらい安い)を使っていましたが、

皆さんエタノールを使用していたのでより確実性を考慮し奮発しました。

Photo_2(殺菌用エタノール)

幼虫飼育の時に管理する為の、貼ってはがせるメモです。

ライン番号や菌種、グラム、日付などを手書きします。

Photo_3(管理用メモ)

本当はカッコイイ管理表を作成してみたいのですが慣れてる方法にしました。

(成虫羽化まで完了したら綺麗な管理表を作成してみたいです。)

また、菌糸の選定と通期に渡ってのおおよそのブロック数量を計算していますが、

もちろんコストも我が家にとっては大事なポイントなので計算に入れています。

神長きのこ園さんには少し相談させて頂き、私の経験不足の問い合わせに対して

も快く受けて下さり、大変感謝しています。数量は少ないですが予約する予定です。

もう1メーカーはエクシードクラフトさんの予定で、これから相談しようと思ってます。

とは言っても、2013年のライン組み合わせも再度楽しく考え中状態です。。。

1ラインで幼虫がどの位採れるのか採れないのか分からないし、昨年は無精卵も

経験したのでそれも怖いし、予算との兼ね合いも出てくるしで悩みますね^^

*この度、「ゲバゲバ90さん」と「ニックTさん」と「エバクワさん」のブログとの

  相互リンクをさせて頂きました。これからも宜しくお願い致しますm(__)m^^

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム