« 久留米血統の到着 | トップページ | 産卵木の準備 »

2012年11月28日 (水)

タランドゥス幼虫のカワラタケ菌糸瓶投入作業

 11月25日(日)、久しぶりに穏やかな陽気のこの日は次女の8歳の誕生日でしたので

自宅の庭でBBQをしながらお祝い会を開きました。そして、お祝い会が終わった夜に

プレスマシンType2(ashtakaさん製)で初詰めしたカワラタケ菌糸瓶にタランドゥス幼虫

の投入作業をしました。

1400㏄カワラタケ菌糸ボトル(KBファームさん)で産卵させて1回で6頭の幼虫が

採れていました。初めてにしては上出来だったと思っています。

♀は♂と再度ペアリングして2回目の産卵セットに投入中です。2回目はカワラ産卵木

(KBファームさん)で試しているところで、すでに穿孔状態です。

♀がなかなか産卵モードに入らなくて四苦八苦しましたが。。。

幼虫投入にあたり、3500㏄カワラタケ菌糸:ナチュラカワラブロック(月夜野きのこ園さん)

を2個分、950㏄瓶にして7個を事前に作っておきました。

菌糸はガッチガチの堅詰めにはなっていませんがユルユルでもない状態に仕上がって

いました。詰め具合はあくまでも感覚で調整しています。培養温度は22℃~23℃で、

下の写真は11月10日に詰めてから2週間程経過した菌糸の状態です。

Photo


菌糸瓶の上部は分厚くカワラタケ菌糸の被膜で覆われています。

Photo_2


幼虫ですが、初2令だと思いますがオオクワより太い感じます。しかも何か短い。

Photo_3


幼虫を投入したら、アンテなどで暴れ防止などの為に入れていたのと同じように、

今までのオガ屑(幼虫のフン?)を多めに入れてあげました。

Photo_5


計6頭の幼虫。カワラタケ菌糸は劣化が早い感じがするので幼虫が馴染んだら

18℃前後の温度で飼育しようと考えています。

昨年は2令幼虫から飼育しましたが、床下収納庫で15℃前後の低温度でも

74ミリサイズの♂が羽化してきました。

昨年より少し温度を上げて18℃前後の温度で菌糸の劣化を引き延ばしながら

飼育管理し、昨年のサイズを超える70ミリ台後半を出せればと思っています。

Photo_6

« 久留米血統の到着 | トップページ | 産卵木の準備 »

外国産クワガタムシ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

見慣れてきましたが、こんな幼虫がかっこいいクワガタになるのが、いつも

不思議です。happy01

Anmochiさんへ

こんにちは^^12月に入り寒さも本格的になってきましたね。
土曜日は初雪が降ったのでスタッドレスタイヤに速攻で履き換えましたよ^^
昆虫の変化は自分も不思議なことだと思っていました。とくに幼虫から蛹になるのが。
考えてもよう分からんので生命の神秘で片づけてますけどね^^
これから益々寒さが厳しくなりますがお体ご自愛下さい^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408589/47983146

この記事へのトラックバック一覧です: タランドゥス幼虫のカワラタケ菌糸瓶投入作業:

« 久留米血統の到着 | トップページ | 産卵木の準備 »

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム