« クワガタカブト用マット菌糸詰め専用プレスマシン | トップページ | 昆虫用恒温庫 »

2012年11月10日 (土)

菌糸ビン詰め作業

プレスマシンType2を使って菌糸ビンを詰めます。

カワラタケ菌糸ブロック3500㏄2個とオオヒラタけ菌糸ブロック3500㏄6個で

計8個、約28000㏄の菌糸ブロックを詰めました。

詰込むビンは容量950㏄の100円ショップで購入したビンが26本です。

使用する道具はカビなどの雑菌消毒に傷口の消毒用オキシドール(100円ショップ購入)と

園芸用ミニスコップ、スクレーパー、生コンを練る大きな容器、投入用の容器、プレスマシンです。

Photo

まずは使用する道具や手をスプレー消毒して、ビンも水で洗浄してから消毒します。

950cc

菌糸ブロックの皮膜をスクレーパーで除去します。

Photo_2

皮膜を除去した菌糸ブロックを大容器に入れます。

Photo_3

大容器内で菌糸ブロックを細かくなるまで崩します。

Photo_4

サラサラに細かくなったらビンに入れます。

950cc_2

ビンに入れたらプレスマシンで圧縮します。

Photo_5

圧縮します。

Photo_6

圧縮します。。

Photo_7

息子にも圧縮させます^^

Photo_8

何本か詰めていると自然に左手でビンを少しずつ廻しながら均等に詰める感じ

で作業するようになっています。ビン内でプレス部を廻す感じです。

圧縮が終了したらインパクトに木工用ドリルφ13㍉で菌糸がまわりやすい様に

中央に通気穴を開けます。

13

穴があいたら一先ず完成です。

Photo_9

菌糸がまわるまで蓋キャップを緩めに閉めた状態で22℃~25℃くらいで2週間程保管します。

写真は手詰めしてから2日間経過した菌糸ビンです。白く菌糸がまわり出しています。完全に真っ白

なるまで待って完成ですが、青カビが発生してきたら失敗となります。。

Photo_10

« クワガタカブト用マット菌糸詰め専用プレスマシン | トップページ | 昆虫用恒温庫 »

ブリード道具」カテゴリの記事

コメント

この度は、ありがとうございました。
使用レポートもありがとうございます。

これって、800cc程度のビンですよね。
菌糸にもよりますが、真ん中の穴は空けなくても菌は回りませんかね。
カワラはやったことないので分かりませんけどね。

今後ともよろしくお願いします。

ashtakaさんへ

此方こそ、この度は本当に有難うございました。

初めてプレスマシンを使用したので、これから沢山使って行く中で
何か思いつく点などありましたらご報告させて頂きます。

使用しているガラス瓶は100円ショップで購入した950㏄瓶です。
菌糸を色々試していないので分かりませんが、今使っている菌糸は通気孔が無いと菌糸の回りが
遅い感じがするので空ける様にしています。次回に数個空けないで作製して再検証してみます。

これからも宜しくお願いします。

こんにちは

こうして、圧縮するんだ~~。

圧縮機便利ですね。お子様も楽しいそうね。

でも、本格的作業になってます。

青カビ生えませんように!

Anmochiさんへ

子供の力でも十分に圧がかかるので一緒に頑張って貰ってます^^

ブロックを崩して細かくする作業の方が大変になりましたが

遊びながら楽しんで作業しているので、こちらも助かっています^^

詰めてから3日程経過しましたが、菌糸が回り出し白くなっています。

カビは何とか回避できた感じで子供達も一安心しています^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408589/47794191

この記事へのトラックバック一覧です: 菌糸ビン詰め作業:

« クワガタカブト用マット菌糸詰め専用プレスマシン | トップページ | 昆虫用恒温庫 »

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム