« 昆虫用恒温庫 | トップページ | 久留米血統の到着 »

2012年11月22日 (木)

ババオウゴンオニクワガタ

ババオウゴンオニクワガタ(ミャンマー・テナセリウム産)CBの産卵報告です。

♂63ミリ×♀41ミリのペアになります。

♀は2012.6月羽化個体で10月10日から13日まで同居ペアリングして10月15日から

産卵セットに投入しました。割出しは約1カ月後の11月17日で同日に2回目の産卵セット

へ♀を再投入しました。

Photo_10

Photo_12

ペアリング状況。ちゃんと交尾をしているか何度か確認しながら同居させます。

Photo_13

産卵セットを組みます。。今回はKBファームさんのカワラタケ産卵木を使用します。

購入してから3カ月経過しているので材に菌がまわり堅過ぎない状態になっていました。

加水せずにカワラ皮膜と樹皮を剥き、♀が潜行しやすいようにあらかじめドリルで穿孔します。

Photo_7

中飼育ケースに少し加水したマットを3㎝ほど敷き、その上に産卵木を置いて周りに転倒防止用の

樹皮を入れるだけの簡単セットです。ケース内の蒸れ過ぎには注意します。温度は23℃~25℃。

Photo_8

一か月経ってから割出しをしてみます。♀が材に穿孔した跡が見えます。

♀が穿孔したのは産卵セットに投入してから3日後くらいでした。

Photo_9

産卵床のまわりを少し削ったら、見えました。初齢幼虫です。

Photo_14(フラッシュで見えずらいですが中央の少し左にいます)

ババオウゴンオニの初齢幼虫

Photo_16Photo_19

ババオウゴンオニの幼虫はカワラタケ菌糸ビンで飼育します。

月夜野きのこ園さんのナチュラカワラブロックを950cc瓶に

プレスマシンType2を使って詰めるので菌糸が回ったら投入します。

« 昆虫用恒温庫 | トップページ | 久留米血統の到着 »

外国産クワガタムシ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^

変わった(替わった)色なんですね。

クワガタもここの背景も(^^ゞ

いや~なんか変な日本語になってしまった・・。
でもグリーンさんには伝わる。。。と思う・・・・。

メスの方はちっちゃな角でかわいいですね。

めっきり寒くなりました。
毎日のように寒い寒いって書いているような気がします。
風邪とか引かれませんように(*^_^*)

蒼晴さんへ

こんばんは^^デザインをたまに変化させないと飽きてしまうもので。。。

朝晩は特に冷え込んできているので凍りそうです^^寒いの苦手なんですよ。

おこたつがあればずっと入っているタイプの人間です^^

そろそろインフルエンザの予防接種でもしようかと思っています。

蒼晴さんもお気を付けて下さい^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408589/47876932

この記事へのトラックバック一覧です: ババオウゴンオニクワガタ:

« 昆虫用恒温庫 | トップページ | 久留米血統の到着 »

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム