« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月23日 (月)

久留米が到着

久留米大型血統オオクワガタペアがTigaさんのプレ企画で運良く当選しました。

応募してからどうなったのか気になっていました。

Tigaさんのブログで当選者にはメールを送ったことを知り、自分のところにはメール

が届いてなかったので落選したと思っていた直後、スライド当選したと嬉しいメール

連絡が届きました^^

Tigaさん。本当に素晴らしい久留米ペアを有難うございました。

大切に飼育させて頂きます^^

Tiga802Tiga802_2(久留米♂80.2㍉)

国産オオクワブリーダーの方々のご協力により、来期からのブリードラインが確定

してきました。久留米はTigaさんからのペアを合わせて3ラインでいきます。

Tiga500(久留米♀50.0㍉)

今回お譲り頂いた久留米の詳細です。

・♂80.2㍉Tigaさん2011年(3番)KU-311 (種親81.1×53.0)

・♀50.0㍉Tigaさん2011年(2番)KU-204 (種親81.2×51.9)

♂♀ともに素晴らしい血統背景なのですが、その実力を発揮させる事が出来るかどうか

試行錯誤・地道にブリードしたいと思います^^

2012年7月21日 (土)

タランドゥスオオツヤクワガタの羽化

7月19日、タランドゥスオオツヤクワガタ(アフリカコンゴ産F3)

の幼虫3頭のうち1頭が成虫へと無事に羽化しました。

飼育場所は床下収納庫で冬は15℃位、最近は25℃前後の

温度で飼育していました。10月中旬にカワラRG800(フジコン製)

へ2令後期で投入し、11月後半にカワラRG1400へ3令で投入。

1月後半にカワラブロック3000を崩さずそのまま飼育容器に入れて

そこへ幼虫を投入しました。投入時の体重は20㌘でした。

羽化したばかりでまだ赤味をおびていますが不全も無く

綺麗な♂でした。サイズは固まっても75㍉にはなりそうです。

幼虫1頭は蛹になる前に死亡。あとの1頭は蛹化しようとしています。

おそらく頭幅から♀だと思いますがはっきり分かりません・・・・。

幼虫の皮が厚くて卵巣がよく見えませんでした。

タランドゥスはエナメル質が特徴の一つで黒くピカピカしています。

最大で90㍉を超える大型のクワガタです。しかもとても綺麗なクワガタ

なので少しずつブリードしたいと思っています。

Photo(タランドゥスオオツヤクワガタ・アフリカコンゴ産)

2012年7月14日 (土)

2012新潟オオクワガタ採集①

6月16日土曜日、この日は今期4回目の灯火採集。

4回目といっても最初の2回目まではデータ収集を主にしていたので

実質2回目の採集となる。

新潟での記念すべき第一号となるオオクワガタ♂を採集してからちょうど一年。

自分の中ではかなり重要な日になるので自然と気合も入る。

しかも天気は気温、湿度、月齢の全ての条件が良さそうである。

土曜日という曜日もあってか今回の採集には子供達も連れて行くことになって

しまったが、何となくその方のが運も味方に出来るかもしれないので家族5人で出発した。

現地に到着するまで車で4時間はかかる。しかも、子供3人ともなるとトイレ~や喉が渇いた~

やお腹がすいた~・・・・などなど。道中にあるコンビニが大変重宝した^^

夕飯も軽くコンビニ弁当などで済ませて現地に到着したのは午後8時頃。

天気曇り、気温21度、湿度88%、風は上空の方は分からないが微風程度。

しかも前々日との気温差+2度。この条件で飛来しなければ怒りたくなる様な好条件

であるが、自然が相手なので怒ってもしょうがないが。。

クワガタ飛来開始のゴールデンタイムといわれる8時30分までは少し時間があるので

少し休んでと思っていたら子供達はすでに外灯の下を探し始めていた。。

Photo(外灯)

子供たちの姿に、少しまったりモードになっていた自分の採集魂にも火が付き

負けじと探し始める。。

しかしクワガタの飛来度合いがどうなのか、心配な気持ちも残っていたが早速に

長女がコクワガタの♂や♀を発見。今夜もクワガタの飛来は有るのだと確信出来て

足取りも更に軽くなる。。

続いて又しても長女が、今度はノコギリクワガタ♂を発見。

Photo_2(ノコギリクワガタ♂)

長女は幼稚園の頃から一緒に山へミヤマクワガタなどを採集しに何度も行って

いるので、採集センスがはっきり言って自分よりある気がする。。

時刻は午後9時少し前、更にクワガタが飛来しそうな外灯をチェック。

かなり強烈な光を放っている、外灯ではないライトの下を確認し始めて一瞬

目がある物体に釘付けとなった。。

強烈ライトの光に照らされたその黒く輝く物体。。。オオクワガタだっ!

距離は少し離れてはいたが、脳みそがすぐにそれと認識した。。

そして、周りにいた皆に「オオクワだッ」と声に出して叫んでいた。

走って近ずき確認。。中歯型のオオクワガタが銀色のグレーチング上に

つい先程飛来してきたのか、羽を閉じ終えたばかりの状態で鎮座していた。。

Photo_3Photo_7

(オオクワガタ♂中歯型)

それにしてもオオクワガタ♂をまたしても採集出来た事の喜びもあるが

家族で採集に来てそれを成し遂げる事が出来たという事が何よりも嬉しかった。

その後は11時近くまで外灯周りをしたが、クワガタ自体の飛来は見られず

また、雨も降りだして来たのでオオクワ♂をゲットした思い出と共におとなしく

帰宅の途に着いた。。。

Photo_9(採集結果)

{本日の採集結果}

オオクワ♂1中歯型

ノコギリ♂1♀1

コクワ♂♀

2012年7月10日 (火)

マツノインセクト

国産大型オオクワガタの重鎮。。マツノインセクトさんから

2012年度産のプライスリストが届きました。

昨年、マツノさんからセール期間中に山梨韮崎産オオクワガタペア

を購入しまして。今期、ブリード。。22頭の幼虫を得ることが出来ました。

今はエクシードクラフトさんのLEVIN-Gに投入されてワインクーラーの

25℃設定の中ですくすくと成長しているハズです。。。

しかし、チラシを眺めているだけで欲しくなってきます^^

しかも8月末まで1ペアが記載価格の5割引きです。(5,000円以上のみ)

でも来期から今までよりライン数が増えます。予定では能勢YGが4ライン、

久留米が2ライン、柏崎が2ライン。。計画的に管理するにはこれ以上の

ライン増はキャパオーバーするのでガマンガマンです^^。。

いつかはマツノインセクトに行って松野さんが育てたオオクワガタ

をたくさん見てみたいです。。また欲しくなっちゃうなぁ~^^

Photo_10(マツノインセクト2012プライスリスト)

2012年7月 8日 (日)

紫陽花(あじさい)の花

あじさいの花が綺麗に咲いていたので

写真に収めてみました。。

又、携帯で写したので画質は良くありませんが^^・・・・・。

PhotoPhoto_2

花の色が違うのは土壌の質の違いで変化する

と聞いたことがあるのですが、どうなのでしょうか?

最近、毎朝の出勤時に通りすがりながらチラッと眺めて

いますが気持ちが少しホッとする感じがします^^。

2012年7月 6日 (金)

冷房専用エアコン

オオクワガタ成虫・幼虫・蛹の夏場の温度管理のために冷房専用エアコンを格安で

購入し設置しました。

同時に子供部屋にも夏の寝苦しい夜のために同タイプのエアコンを1台設置しましたが^^。

購入した翌日に取り付け業者さんの都合ですぐ設置。急な工事なので片付けもしてなく

少し戸惑いましたがどうせ直に付けるからOKしました。

職人のおじさん2人で手際良く作業が進み完了、早速試運転。。

エアコン設定温度の約25℃に温度計もなっています。

ガラス温室が置いてある場所は、ちょうど西日が当たる壁面側にあるので真夏の

午後になると温度が30℃を超えてきます。日光が直接入らない様に遮光カーテン

を裏戸のガラス面に設置してありますが理想温度の25℃には程遠い状況でした。

でもこれで夏場の温度管理も飛躍的に向上すると思います。

あとは実際に使用しながら、この環境で更にベストな管理方法を確立するだけです。

Photo

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム