« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月25日 (土)

オオクワガタ採集地の風景

新潟県でのオオクワガタ採集地の風景です。。

夏季の採集シーズンはこんな里山を走りまわっています。。

1回の採集で300㌔以上の走行距離なので、1シーズン(6月~9月)

約8000㌔の距離を移動しています。。

Photo 採集地の山並みPhoto_6

採集地は、人里離れた山奥の中というわけではなく

近くに民家もあります。

Photo_2

Photo_3

樹木の種類は広葉樹が90%以上占めています。

ブナの木やナラ系の木が多いので水も豊富で

キレイです。。

人工の杉林はあまり見あたりません。。

Photo_4

美しい田園風景のところもあります。

近場には立寄り温泉宿泊施設もあり

美味しいご飯を食べられる処も

あるので、採集以外にも楽しめる事が

けっこうあります。。

ちなみにこんな定食が美味しいです。。

Photo_7 しょうが焼き定食

お米はもちろん新潟産コシヒカリ。

豚のしょうが焼きとナイスコンビ♪です^^。。

お豆腐も自家製でとっても美味しいです^^(お土産品も売ってる)。

一口にオオクワガタ採集といっても

色々とお楽しみが待っているので~ス♪(^0^)。。

2012年2月22日 (水)

春の足音

春の足音
春の足音
春の足音
自宅の庭で春の訪れを探してみました。
先ず、最初に目に止まったのがタンポポでした。
南側の建物基礎の暖かい日だまりでもう花を付けています。
次は、花壇でチューリップの球根が芽吹き始めていました。
お次は、アズキナシの木の下辺り茶色の芝生の間からひょっこりとクロッカスが芽吹き始めていました。
春が少しずつ近づいてキテいるのを草花達はいち早く感じてます。
自分もそんな草花達を見て春の足音を感じます。

2012年2月19日 (日)

休日のチャコ

休日のチャコ
休日のチャコ
休日のチャコ
休日のチャコ
風は冷たいけれど日射しは暖かい日曜日♪。。

タヌキ似のチャコは気持ち良さそうに日向ぼっこしてまス♪(^-^)。。

オマエのご飯もいっぱい買ってきたから後であげるからナ♪(^-^)。。

食料品の買出し(^-^)

食料品の買出し(^-^)
食料品の買出し(^-^)
食料品の買出し(^-^)
食料品の買出し(^-^)
食料品の買出し(^-^)
食料品の買出し(^-^)
食料品の買出し(^-^)
食料品の買出し(^-^)
先週一週間で、食料他が底をつきかけたため今日は買い出しに出掛けました。
お野菜にお肉に乳製品…。子供たちも沢山食べる様になったのでいっぱい買ってもスグになくなっちゃいます♪。。
これからドンドン大きくなって更に食べると思うと恐ろしくなりますワ(☆o☆)
頑張って稼ぐカぁ〜♪。

2012年2月16日 (木)

号外。。昼飯

号外。。昼飯
今日のお昼は久方ぶりに外食をした♪。。
チャーシューメン♪(^-^)。。
チャーシュー(うまっ)♪(^-^)。。

細麺(うまっ)♪(^-^)。。
スープ(うまっ)♪(^-^)。
カロリーを気にして餃子はヤメタ。

2012年2月15日 (水)

D.Hヘラクレス

D.Hヘラクレス
D.Hヘラクレス
D.Hヘラクレス
D.Hヘラクレス
D.Hヘラクレス
「D.Hヘラクレス幼虫のエサマット交換」

ヘラクレスオオカブトムシ幼虫のエサマットの簡単な作り方を説明します。
ヘラクレス幼虫のエサは、椎茸栽培で使い終えた使用済みの廃ホダ木を微粒に細かく粉砕して発酵させたおが屑を使用します。
発酵中はガスが発生するので大きいプラケースに入れて発酵が済むまでガス抜きをしてあげます。
暖かい季節だと5日程でガス抜き出来ますが、寒い季節だと10日〜15日位かけないとガス抜き出来ません。
発酵が終ったおが屑はツンとした臭いがせず、木のいい香りがします。
その状態におが屑がなったら加水してあげます。
水分量はおが屑を手で握って団子状にしたとき、水分が手からにじみ出ない程度です。
これで幼虫のエサマット完成です。
ヘラクレスの幼虫期間は♂でおおよそ2年間程度、その間に約3か月に1回エサマットを交換してあげます。
飼育容器は♂の幼虫で大ケース、♀の幼虫は中ケース程度の大きさで、温度設定は約25℃前後で飼育管理します。
幼虫の体重は♂3怜後期で100㌘を軽く越えます。♀は70㌘程度です。
幼虫期間の長いカブトムシですので、大きいケースでエサも大量にあげるのが、カッコいいヘラクレス成虫を羽化させるポイントになると思います。

2012年2月12日 (日)

Sunday!

Sunday!
Sunday!
Sunday!
Sunday!
Sunday!
Sunday!
Sunday!
Sunday!
どこもかしこもバーゲンセールですネ〜(^-^)
70%オフですかー。。通常のお値段で買う気になりませんワ(^-^)
サーティワンのアイスクリーム。。子供たちしか食べませン。
大人は〜スタバー。。
抹茶ホワイトチョコレートhoッt。。
チョコレートチャンクスコーン。。(長っ)
&たこ焼きー(^-^)うまっ(たこ焼きはスタバでない)ポケモンのDSのゲームキャラ。。
レックウザをダウンロード完了。。
最後に長女がバレンタインに友達?へあげる手作りマカロン♪
リベンジできました(^-^

2012年2月10日 (金)

国産オオクワガタとは3

「天然オオクワガタ樹液採集」

国産天然オオクワガタを採集するには概ね3つの方法がありますが

一番困難な採集方法と言われているのが「樹液採集」です。

採集時期は6月上旬から9月下旬のオオクワガタ活動期間中

ですが、6月頃に採集される個体は越冬成虫個体、

9月頃に採集される個体には蛹室から出たばかりの新成虫個体

がさらに含まれると言われています。

樹液採集で有名な産地は山梨県韮崎・大阪府能勢・兵庫県阿古谷などが

挙げられますがどこも人の手が入っている里山であり

原生林ではありません。

その中でも台場クヌギと呼ばれている木にオオクワガタは

棲息しています。

台場クヌギとは炭を作るための原木として台木(台場)と呼ばれる

クヌギの木を人間が管理して作っている木で、直径10㎝程の炭にする

木材を効率よく沢山切り出すために一本の木を途中から何本にも枝分け

させたのが台場クヌギと言うわけです。

そうした台場クヌギは江戸時代頃から作られて来たと言われています。

Photo 韮崎台場クヌギ

この台場クヌギにはウロと呼ばれる穴があり

更にそこから樹液を出しているウロの中に天然オオクワガタが

入っている可能性があり、そのオオクワガタを探し出しウロから

掻き出して採集するのが樹液採集です。

Photo_2

Photo_3

Photo_5

日中採集する場合の採集アイテムは

脚立・ピンセット・掻き出し棒・ミニライト(光は赤色がベスト)・

クワガタ入れ物・保護手袋・帽子と服装は長袖・長ズボンで

スズメバチ対策として色は白色の物。

夜間採集の場合は昼間の内に下見をしてからの方が効率的で

プラス大型の懐中電灯といったところです。

ウロは台場クヌギの上方にあることが多いので脚立を使い木に

登って採集することになりますが、刺されたり噛まれたりすると危険な

昆虫もいるので注意が必要です。(木の上では逃げ場がありません)

又、全ての台場クヌギのウロに入っている訳ではなく、オオクワガタ

は安全で快適なウロに入ってそこであまり移動せずに過ごします。

そう言った快適な環境下は少なくオオクワガタ自体の個体数

も少ないので、ヒットするのにはかなりの労力が必要となります。

出来れば冬場の雑木林が見渡しやすい時期に下見するのを

お勧めします。

私自身、3年間山梨県韮崎市周辺に通いましたが採集結果は

オオクワガタ♀2頭のみと惨敗しています。coldsweats01

2012年2月 8日 (水)

高原でワラビ採り

季節はずれの記事になりますが、去年の初夏に

近場の高原牧場でワラビ採りをしました。

子供達は以前にもおばあちゃんとワラビ採りをしたことがありますが

自分は初めて行きました。(めんどくさいので食べるのみ派)

初夏の緑、爽やかな風、のんびりした空気・・・・・。 いいですね~

場所は高原の牧場の中で、乳牛を放牧している中で採ります。

入場料は大人一人200円、子供はタダでワラビは採り放題。

牧場へ入ると子牛が興味ありげに近寄ってきます。すると子供達は

けっこうビビり入っています。

Photo_4

Photo_5

少し牛さんたちを遠めにしてワラビを採り、たまに牛の落し物が

落ちているので足元注意・・・・。

Photo

沢山ワラビを採って、喉もかわき小腹も空いてきたので

すぐ下にある山小屋でコーヒーと高原ソフトクリームを

少々かぶりつき。(けっこう デカイ)うまい

Photo_2

Photo_3

帰ってから早速調理。重曹を湯にいれて一緒に湯がき

一瞬フワッとなったら火を止め、アクを抜いてから

水でサッと冷やして完成。

とっても美味しかったので秒殺で食べてしまい

残念ながら写真がありません。(スマソ)

鰹節をまぶしてマヨネーズしょうゆで頂きました♪

とっても柔らかで、歯ごたえもあり、くせも全く無く、少しトロッとした食感・・・・。

ビールの泡と一緒にシュヮーッと綺麗に完食でした~♪

(今年も必ず採りにって完成写真ちゃんととります。)

2012年2月 5日 (日)

マカロン作り

マカロン作り
マカロン作り
マカロン作り
マカロン作り
マカロン作り
マカロンを長女と作ってみました。バレンタインデーに友達にあげる前の予行練習です。去年はチョコレートを一緒に作りましたが湯せんが上手に出来なくて失敗しました。今年はマカロンでリベンジです。
卵白を泡立てマカロンミックスを加えて粉っぽさがなくなるまで泡立てます。さらに純粉糖とアーモンドプードルを加えて混ぜます。オーブン用シートに20個絞り60分ほど乾燥させてオーブンで140度、17分焼き上げマカロン生地が完成。湯せんして溶かしたチョコガナッシュをサンドして出来上がり。
なかなか美味しく出来ました(^-^)

2012年2月 4日 (土)

イタリアン料理

家族で久しぶりに本格イタリアンを頂きました。

友人が2年程前にイタリア料理店をオープン。友達同士で何回かお世話に

なっていましたが、家族で行くのは初めてです。

店内はこじんまりとしていますが、なかなかいい雰囲気を演出しております。

厨房も客席から丸見えなので、オーナーシェフである友人が忙しい時は

テンパッテいるのがよく分かってしまいます。皿洗いでも手伝おうかと思います

がそこは流石プロ、奥様とナイスコンビネーションで切り盛りしています。

Photo 店内風景

シェフ曰く、カルボナーラがおすすめとの事で、とってもおいしいです。

他にもピッツアやお肉料理も人気があるそうです。

ワインの種類も豊富にあり、シェフに聞きながら料理に合わせて

気軽にチョイスできます。

Photo_3 Photo_4

カルボナーラ                                     トマトとバジル

Photo_5 Photo_8

マルゲリータ                                    ティラミス

Photo_9 まぐろと菜花

ジェラートとドリンクとサラダがそれぞれ付いて家族5人で5000円程と

とってもリーズナブル。子供達もおいしいイタリアンをお腹いっぱい食べ

られてとても満足そうでした。    ごちそうさまでしたo(*^▽^*)o

 

2012年2月 2日 (木)

新潟県オオクワガタ灯火採集記

「平成23年6月17日~18日新潟県オオクワガタ灯火採集記」

新潟県K市○○町に行くのは今回で2回目、前回は下見でポイントを探しながらの

採集プランで、ある橋の街灯で大型のミヤマクワガタ♂を採集、引き続き同ポイント

周辺での灯火採集となった。

事前に天気予報もしっかりとチェック、曇り・気温午後9時で約19度・湿度約80%。

条件的には前回とそう変わりは無いが月齢が良くないので晴れてくれば月が出て

しまう天気だ。月が出るとクワガタが街灯に飛来する確率が低くなる。

このまま天気予報どうりに曇っていてほしいと願うしかない。

仕事を何とか早く終え帰宅、するとショッピングセンターへ小学生の長女のキャンプ

道具を買いに行く事になり急いで買い物へ行き夕方6時に出発。少々疲れ気味では

あったがこの時期だけの楽しみなのでそうも言っていられない。

金曜日の夕方ともなると国道は少々混雑気味、現地に少しでも早く到着したい気持

ちがイライラ度を増幅させる。クワガタ採集の時はあまり高速は使わないのだが

思わず高速の入口に向かって進路を変えていた。これで40分位は稼げた計算だ。

途中あまりにもお腹が空いたのでサービスエリアでラーメンを食べて少し休憩。

8時半のクワガタ飛来ゴールデンタイムに少しでも間に合うように残りの道中は

休憩なしで移動した。8時30分採集地近く、と言っても20㌔位離れてはいるが

コンビニで軽く食料を買い出してポイントに向かう

Photo採集地の風景)

8時50分まず最初に廻ったのは道の駅の街灯。羽虫などの昆虫は飛んでいるが

甲虫類の飛来は見られない。そそくさと前回ミヤマクワガタを採集した街灯の

あるポイントへと移動する。途中前回の採集の時は電灯が点いていなかった

街灯が、今日は煌々と点いていたので気になりちょっと寄ってみる事に。

街灯は全部で8本位あり沢山の昆虫が飛んでいる。ジムニーを道路脇に止めて

1つ1つ街灯をチェック・・・・すると街灯下のコンクリートの壁面に大歯型の

ノコギリクワガタ♂が張り付いていた。やはり今日もクワガタが飛来している事を

確信し更に奥の街灯を見に行こうとしたら、地元のおじさんが歩いて来たので挨拶

がてら少々雑談。クワガタを採集しに来ている事を伝え先ほどのノコギリクワガタ

を見せると、こんな所にいるのかと言った感じで少し驚いてはいたが、怪しい者

ではない事を知ると少し安心した様子だった。

再度気を入れ直してチェック開始。街灯周辺は息をしているだけで細かい虫が

鼻や口の中に入って来る状態でそれらを手で振り払いながらチェックしている・・・・・と

ひときわ明るい街灯の下で黒くて大きな体をガシャガシャと動かしいる昆虫を発見。

少し距離はあったがクワガタだという事は認識できた。そして小走りに近寄っている

途中で確信してしまった・・・・  間違いない! オオクワガタの♂がひっくり返って

もがいている姿だ・・・ サイズはおそらく60ミリを欠ける位の中歯型。

Photo_2 (飛来後もがいているオオクワガタ)

この産地は過去にオオクワガタの採集実績はあるとの事だが記録自体あまり

見かけない産地で、自分なりに樹木の種類、標高、街灯の位置関係など調べて

オオクワガタが生息できる環境があり個体数が少ない場合でもタイミングさえ

良ければ・・・・・と思い選択した場所である。

そうは言ってもオオクワガタに出会えたのはまさに奇跡としか思えない感じだった。

デジカメで先ずそのままの状態を撮影、興奮してか手が震えてうまくピントが

合わない・・・・気持ちが高ぶってあせっている・・・・。

撮影してから拾い上げてみる。黒く光沢のあるボディー、フセツ欠損や大顎

の磨り減りが無い所をみると間違いなく新成虫のオオクワガタ♂である。

嬉しさの後は今シーズン初のオオクワガタを採集できた安堵感にひたっていた・・・・。

Photo_3

その後、体力の続く限りポイントを見たがコクワガタ♀ばかりでオオクワガタの飛来

は無かった。何としてもオオクワガタをペアで見つけたいと思ったが、そう簡単には

行かないのがオオクワガタ採集。

次の採集ポイントを廻る事にした。しかしコクワガタしか見つける事が出来ず

午前1時に疲れきって車中で就寝・・・・・・。

翌日も同ポイントを見廻ったが、クワガタどころか甲虫自体の飛来がまったく無く

諦めて2日間の採集を終了した。

{採集成果}

オオクワ♂ 1   午後9時16分 サイズ58ミリ 中歯型

ノコギリ♂  1  ♀  1

コクワ多数

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト

【新潟県産管理表】

ブログリンク集

メールフォーム